セックステクニック

前戯の正しいやり方とワンランク上のテクで他の男と差をつける方法

投稿日:

前戯の正しいやり方とワンランク上のテクで他の男と差をつける方法

セックスに満足できていない女性は、結構多いです。男性は、そんな事実を知ったら「なんとしてでも満足させたい!」と思いますよね?

女性を満足させるセックスをしたいのであれば、「雰囲気作り」が重要になります。

雰囲気作りといえば、照明やシチュエーション、といったムード作りをイメージする人が多いことでしょう。

それは、もちろん間違いではありませんが、もっと大事なものがあります。それは、「前戯」です。

男性は「早く挿入したい」というのが本音なので、前戯を省略している男性も多いのではないでしょうか?

しかし、女性は男性が思っている以上に前戯をものすごく大切にしています。そこで今回は、おすすめの前戯方法をまとめました。

今まで前戯を手抜きしてきた男性は、これを機に勉強して、前戯マスターになってください!

そもそも前戯の定義とは?

前戯は、挿入する前にキスをしたり胸を愛撫するような行いです。

挿入するのが、曲で言うところのサビとするならば、前戯はイントロAメロのようなものだと言えます。

セックスする前にしっかり前戯しておけば、女性器が濡れて男性器を受け入れやすくなるため、女性が痛みなどを感じることなく、スムーズにセックスできるのです。

・前戯することで女性がオーガズムに達しやすくなる

「セックスでオーガズムに達したことがない」。このような悩みを持っている女性は、案外多いです。

原因は、「身体との相性」「性格の不一致」「精神面」など様々考えられますが、その中の一つに前戯していないことが考えられます。

挿入する前にしっかり前戯をして、肉体的にも精神的にも準備させてあげれば、セックスでオーガズムに達することはそう難しいことではないのです。

男性器を挿入した途端にオーガズムに達する女性もいます。

・勃起の時間が長くなるなど、男性にもメリットがある

前戯でメリットが得られるのは、女性だけではありません。満足のいく前戯をすれば、男性にも様々なメリットがあります。

まず1つに、男性の勃起時間です。前戯して男性の気持ちが高まれば勃起時間がが長くなります。

他には、一度射精した後の回復ペースも早くなるため、数回セックスすることができるのです。

中折れや淡白なセックスで悩んでいる男性は、丁寧な前戯に勤しんでみてください。

注意!AVを真似て前戯するのはやめよう

ここまでの説明で、前戯の大切さはわかっていただけたかと思いますので、多くの男性陣が前戯を勉強をしたいと思ったはずです。

「AVを見て前戯の勉強をしよう」と思った男性がいるかもしれませんが、それは待ってください。

AVの前戯は、作品としての「パフォーマンス」に特化している傾向が強いため、正しい前戯とは言えないことが多いです。

披露されているテクニックを鵜呑みにすると、女性の身体に負担をかけてしまうかもしれません。

おすすめの前戯方法については、次の章から説明します。

前戯の基本はキス

前戯の方法は様々ありますが、その中で基本中の基本となっているのはキスです。

女性は、セックスする際に「愛情を感じれるかどうか?」を大切に思っているため、時間をかけてあげることがポイントになります。

キスといえばディープキスが定番ですが、ワンパターンにダラダラと続けていてもムードが下がるだけです。キスのバリエーションを増やさなければいけません。

今日からでも使えるおすすめのキスを紹介しましょう!

・唇をなぞる

キスは、舌を絡ませることに意識が向きがちですが、唇を相手にしてあげることも大切です。

唇を舌でなぞるように滑らせていきましょう。そうすると唇の感度があがり、キスへの情熱が高まります。

・舌を動かさない

キスは舌使いが上手いほど情熱的になりますが、上級者になると舌を動かさない手法も使います。

相手の口に舌を入れたら、そのまま動かさずに唇を押し付けるのです。舌を絡ませるキスよりも少し「静かな」キスになるため、相手の息遣いを感じることができます。

激しいキスでありながらもいつもとは違った感覚を味わえるキスです。

・口内を探る

舌で相手の口内を探るキスをサーチングキスと言います。

舌と舌を絡ませるのではなく、頬や口の上、歯茎などを舌で探るようにキスするのです。

口内には様々なツボがあるため、刺激されて興奮が増すと言われています。

・舌を吸う

相手の舌を吸うスロートキスという方法があります。強く吸いすぎると痛みを感じてしまうので、軽くで大丈夫です。

舌は、歯で噛まないようにして、唇で甘噛むようにしましょう。お互いにスロートキスすることで、求められている感じが強くなります。

胸の前戯方法

胸は女性の象徴のようなパーツなので、感度が強い性感帯のひとつです。服を脱いでブラジャーを外す過程においても興奮が高まります。

・優しく揉むのがポイント

胸は必ず優しく揉んであげてください。強く揉んだ方が興奮すると勘違いしている男性が多いですが、それは間違いです。

ソフトタッチで胸に触れて、回しながら揉んだり、上下に揉んだりしましょう。正面から揉むだけではなく、背後からも揉むなどして角度を変えるのもOKです。

言葉をかけながら揉むこともお忘れなく。そうすると女性の興奮が高まります。

・乳首は焦らす

胸を揉む時に乳首も愛撫したくなると思いますが、揉み始めたと同時に乳首を愛撫し出すのはNGです。

乳首に触れるか触れないかぐらいの感覚で焦らした方が、女性の興奮が高まります。

そうすると、女性は乳首への愛撫を自然と求めてくるのです。言葉で求めてくるとは限らないので、様子を観察して把握してください。

・乳首ば転がすように

乳首を愛撫する時は、いきなり強めに刺激せず、指で転がすようにしてください。その後、優しく摘むのもありです。

乳首が勃起してきたら、さらに攻めてほしいという合図!乳首を舐めてあげましょう。

・舌の裏面で乳首を舐める

舌を舐めるときは、優しく乳首の先端を転がすようにしてください。この時に舌の裏面を使うのがポイントです。

表面はザラザラしているので、痛みを伴うかもしれません。唾液をたっぷり絡ませながら、痛くないか確認しつつ舐めてあげましょう。

そうすると、その優しさに女性の興奮が高まります。乳首を舐めると同時に優しく吸ってあげると、興奮が収まらなくなる女性も多いです。

ここまで来ると女性器がぐっしょりしてきます。いよいよ、女性器を前戯する番です。

女性器の前戯方法

女性の身体の中で、一番感度の良い性感帯は、女性器です。前戯で一番の頑張りどころと言っても過言ではありません。

・まずは股間を優しく触る

いきなりクリトリスや膣内を触るのではなく、まずは手のひらで股間全体を優しく撫でてあげてください。

股間全体を直接触れても良いですが、下着の上からの方がムードが高まります。

・クリトリスへ

膣内を触る前にまずはクリトリスを触りましょう。クリトリスを包皮の上から、つまんであげると女性は激しく感じます。

デリケートな部分なのであくまでも優しく触ることをお忘れなく。痛くないか気遣いもしてあげましょう。

興奮が高まってくるとクリトリスの包皮が自然とめくれます。めくれたクリトリスは乱暴に扱わず、息を吹きかけるぐらいの優しい扱いをしましょう。

・小陰唇&膣口へ

今度は、小陰唇を優しく刺激します。小陰唇は、感度が強いスポットで、その気持ち良さはクリトリスにも伝わるため、快感レベル高めです。

その次は、膣口を攻めます。左右に開閉する程度の攻め方で構いません。膣口も敏感なスポットなので、ライトな攻め方で十分にクリトリスへ刺激が伝わるのです。

このようにして女性の羞恥心を煽ることで、興奮を高める作用もあり、大きく身体を仰け反ります。

・クンニへ

今度は、クンニです。ビラビラを中心に優しく舐めていきます。舐めるだけではなく、優しく吸ったり、唇で甘噛みするのも効果的です。

そして、少しずつクリトリスに近づいていきましょう。ビラビラを指でV字に開くとクリトリスが顔を覗かせます。

クリトリスを舐めるときは、包皮に注目してください。

男性のペニスと同じく、クリトリスは包皮が被っていることが多いため、抜いてから舐めてあげた方が気持ち良さがアップします。

クリトリスを舐めるときは、最初はゆっくりから初めて次第にスピードを増すのが効果的です。

クリトリスばかりを舐めるのではなく、小陰唇や膣口の攻めに戻るのも喜ばれるので試してみてください。

このようにバリエーションをつけてあげると、男性器を挿入する前にオーガズムに達するケースも多いです。

おすすめの前戯ポイント「その他」

前述した前戯方法は、王道中の王道なので男性は必ず熟知しておきたいポイントです。

前戯する際に攻めるべきポイントは前述した以外にもたくさんあります。その他のポイントを見ていきましょう。

・脇の下

ちょっと意外に思われるかもしれませんが、脇の下も性感帯のひとつです。脇の下は様々な神経が集まっているため、感じやすくなっています。

ただ、脇の下はムダ毛処理の有無や臭いなどを気にして、前戯されるのを嫌う女性も多いです。

デリケートな箇所なので、注意深く様子を伺ってください。前戯しても良さそうな場合は、指で優しくなぞるぐらいで大丈夫です。

・腕

腕は感触が発達している部位なので、性感帯のひとつです。前戯する時はとても弱い力で優しく撫でてください。

舌で優しく舐めるのも効果的です。腕とはちょっと違うかもしれませんが、キスや胸を愛撫しながら手を握ってあげると女性の気持ちが高まります。その際は、恋人繋ぎが効果的です。

・太もも

太ももは、内側が敏感に感じやすいポイントです。優しくさすってあげても良いですが、舐めてあげるのも喜ばれます。

女性器を愛撫する前に太ももを責めてあげるのもおすすめです。焦らす効果があるので、女性は興奮してきます。

女性器がじんわりと濡れてきたら、本格的に女性器の愛撫に突入しても良いでしょう。

・首

前戯で首を愛撫されると感じる女性も多いです。首筋も様々な神経が通っているため、敏感な部位となっています。

首は顔に近いため、キスしながら首を愛撫してあげると、スムーズに刺激することができるのです。

愛撫する時は、唇で優しく撫でるようにするとうまくいきます。キスしながら、手で優しく撫でてあげるのも効果的です。

・耳たぶ

耳たぶを責められて興奮が高まる女性は限定的かもしれませんが、胸やクリトリスと同じぐらい快感を生じる女性がいるため、男性は是非とも覚えておきたいテクニックです。

耳たぶも首と同様に顔に近い部位なので、キスと一緒に取り入れれば効果が増します。

前戯で耳たぶを取り入れるときは、唇で甘噛みすると効果的です。それにプラスして、優しく揉んだり摘んだりする方法もあります。

耳元で囁いたり、息を吹きかけられることで興奮が高まる女性も多いので、様々試してみてください。

・お尻

お尻はそれほど敏感な部位ではありませんが、女性の体を象徴する部位の1つなので、普段は異性に触ることを許しません。

そのため、触られると性的興奮を覚える女性は少なくありません。優しく撫でたり揉むのが定番ですが、叩かれると興奮したり、肛門を責められると興奮する女性も多いです。

お尻の前戯は女性によって好みが分かれるため、いきなりハードな前戯をするのは辞めた方が良いかもしれません。様子を伺いながら少しずつ開発していきましょう。

・頭

前戯している最中に頭を撫でられると興奮が高まるケースも多いです。フェラチオしてもらってる時に頭を撫でられると興奮する女性もいます。

【まとめ】女性は全身が性感帯!前戯は振り幅広く行おう

いかがでしたでしょうか?今回は、前戯の大切さややり方に焦点を当てました。

女性の性感帯といえば胸や女性器が定番なので、ちょっと意外な性感帯もあって、びっくりした方も多かったことでしょう。

女性は、時期や年齢、セックスパートナーとの相性によって性感帯が変わります。つまり、女性は全身が性感帯になり得るということです。

セックスが上手い男性は、間違いなく前戯も上手です。そして前戯が上手な男性は高確率でモテます。

女性は今まで得られなかった快感を得ることで、相手にもっと興味を持つようになりますし、もっとセックスで気持ちよくなれるようにステップアップしたいからです。

男力を上げるためにも、これをきっかけに前戯の知識を高めてスペシャリストを目指してください。

-セックステクニック

Copyright© ラブ恋まとめ ~恋愛テクニック~ , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.