Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

更新日:

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

Facebook連動型恋活アプリの中で最もマッチング数の多い“Pairs(ペアーズ)”。

登録したのに全然いいね!をもらえず悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

せっかくの出会いのチャンス、どうせだったら出来るだけいいね!をもらって楽しく恋活生活を送りたいものですよね!

ということで、今回はPairs(ペアーズ)でいいねをもらう方法と、してはいけないことについてご紹介させていただきます。

これを読んで周りにグッと差をつけてしまいましょう!

 

1.Pairs(ペアーズ)でいいね!をもらう方法11選

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

あなたは1ヶ月でどれくらいのいいね!をもらっているでしょうか?

まずはPairs(ペアーズ)でいいね!をもらう方法についてご紹介いたします。

たくさんいいね!をもらう参考にしてくださいね。

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

 

①メインプロフィールの画像は顔写真を載せる

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

プロフィールを見るよりも何よりも、ペアーズで異性を探そうとして一番最初に判断をするポイントは一番最初に出てくる“写真”です。

この画像が顔写真でなければ、どんな人か分からずにそのままスルーされてしまうことがほとんどです。

スポンサーリンク

人の好みはそれぞれですので、顔に自信がなくても絶対に顔写真をメインに持ってくるようにしましょう。

友達と撮った写真をトリミングしたり、自然体な写真を使うことが一番良いのですが、もしそのような写真がない場合でも自撮りはせずにセルフタイマーを使っていかにも人に撮ってもらったように撮ると良いでしょう。

 

②サブプロフィールの画像は全身を載せる

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

メインプロフィール画像を顔写真にしたら、次は二枚目のサブ画像の設定をしましょう。

ここでは出来れば全身ががうつっている写真を選んで載せるのが一番良いのですが、完全に写っていなくても大丈夫です。

できるだけスタイルが分かるように、そして顔もはっきりと映っている写真を選びましょう。

会ったことのない人を文字だけで判断することは難しいので、見た目などの情報をできるだけ多く盛り込んでいる方が良いのです。

太っていて自信がない人でも、自然な写真は人を惹き付ける力がありますよ!

 

③自己紹介文を丁寧に書く

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

自己紹介文は何を書いたら良いのか分からないといって、短い文章だけで済ませてしまっている人が多いです。

しかしこれはかなりもったいないんです!

ペアーズはマッチングするまでは個人的なやり取りをすることは出来ません。

なので、自分から発信した情報だけで相手の方が判断しなければならないのです。

どんな人が好きなのかを書きたい場合は、誰にでも当てはまることを書いておくと「自分もそうかも!」と思い、いいね!をしてくれる可能性が高くなります。

たとえば、“笑顔の素敵な女性が好きです”と書くよりも、“笑った時に目が細くなる女性が好きです”と書いてみましょう。

自分の笑顔は素敵じゃないと思う女性でも、「私は笑ったら目が細くなるな」という風になります。

さらに、なぜペアーズに登録したかを書いておくことで相手の不安要素や聞きたいことがひとつ解消されますので、こちらも絶対に書いておくようにしましょう!

 

④多少は情報を盛ることも大切

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

スポンサーリンク

年収380万円なのに、600万円と明らかな嘘を書くのは詐欺と言われてしまう可能性がありますので絶対にダメですが、400万円と、少しだけ盛るのはアリです。

380万円と400万円では全然印象が違いますよね。

同じように、身長が168センチの場合、170センチと書くのも良いでしょう。

ただし、気になっている女性が同じくらいの身長であれば会った時にバレてしまうので、アプローチをする前にきちんとした数字に戻しておくほうが良いでしょう。

 

⑤今日のピックアップは有効活用する

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

ペアーズには毎日四人の異性を紹介してくれる、《今日のピックアップ》という機能があります。

この、今日のピックアップで出てきた異性にはなんと無料でいいね!を送ることが出来るんです。

4人全員にするも良し、気に入った子だけにするのも良しですが、実はこの機能、ブラウザ版とアプリ版では出てくる女の子が違うんです。

ということは、一日に無料で8人にいいね!を送ることが出来るということです。

普段だったら検索することがないようなお相手だったとしても、どんな人なのかじっくり見てみる価値はありますよ!

 

⑥オンライン中のユーザーさんにいいね!をする

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

ペアーズでは、居住地と年齢の横に最後にログインした時間が色で出るようになっています。

緑色の丸印があった場合は現在オンライン中であるということ、黄色い丸印であった場合は24時間~3日以内にログインしたということ、そして何も表示がない場合は3日以上ログインをしていないということになります。

3日以上ログインしていない人にいいね!を送っても返ってこないことがほとんどですので、いいね!を無駄にしない為にはアクティブユーザーを狙っていく必要があります。

その中でもリアルタイムでログインしている方に送るとすぐに見てもらうことができますのでより効率が良いでしょう。

 

⑦つぶやき機能はこまめに活用する

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

ペアーズには検索画面に表示される、つぶやきという機能があります。

スポンサーリンク

このつぶやきは自分の思っていることをアピールする最大のポイントですので、フルに活用すると良いでしょう。

たとえば“冬はチゲ鍋にビール、これ最強!”とつぶやいていたら、「分かる分かる、どんな人なんだろー!」というように、詳しいプロフィールを診てもらうきっかけにもなります。

大勢の人に気になるように書くのも良いですし、好きなテレビの放送が終わった後に“今週も面白かったけど続きが気になるー!”と書くのも良いですね。

 

⑧家庭的な印象を持たせることを書く

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

ペアーズには結婚への価値観や、家事や育児にどれだけ積極的なのかを書く項目があります。

ここで結婚をすぐにでもしたい、という項目にチェックしてしまってはガツガツしているという印象を持たれて引かれてしまうのでやめましょう。

さらに家事や育児に対しては、できれば参加したい、積極的に参加したいを選択するほうが無難です。

ここで間違った選択をしてしまうと、それだけで恋愛対象外になってしまう可能性が強くなってしまいます。

 

⑨会うまでの期間はお相手を焦らせないようにする

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

ペアーズでは、“出会うまでの希望”という項目がありますが、絶対に“マッチングしたらまず会いたい”を選択するのはやめましょう。

すぐに会いたいと選択してしまうとガツガツした印象がありますし、お相手が女性であれば「ヤリモクなのかな」と不安要素の一つになってしまいます。

“きちんとメッセージ交換をしてから会いたい”、にする必要はありませんが、せめて“気が合えば会いたい”にしておくと警戒心も溶けて良いでしょう。

 

⑩ハンドルネームはイニシャルじゃないものに変える

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

ペアーズでは登録時は“MKさん”や“YTさん”など、イニシャルでの登録になっています。

この部分は自分で変えることが出来るので、読んでもらいやすい名前に変えておくようにしましょう。

ここを変えておらずそのままで恋活をしている人が大変多いので、変えるだけでも他の人に一歩差をつけることが出来ますし、呼びやすい名前だとやり取りもスムーズになります。

 

⑪足跡は積極的につける

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

ペアーズには気になったお相手のページを見ると足あとが残るという機能があります。

ログインして「どんな人が見に来てくれたんだろう」と、まず足あとをチェックする方は多いので積極的に足あとを残していきましょう。

ここでお相手が足あとを残してくれた場合、まず第一関門の“写真”はクリアしたということになりますので、もう一度足あとをつけ返して、いいね!を待ってみると良いでしょう。

 

2.Pairs(ペアーズ)でしてはいけないこと4選

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

まずは、ペアーズでいいねをもらう方法についてご紹介しました。

直接会ったことのない人同士のコミュニケーションなので、悪い印象になってしまうといいね!をもらうことは難しくなってしまいます。

ということで、ここからはPairs(ペアーズ)でしてはいけないことについてご紹介させていただきます!

 

①異性の影がある写真は使ってはいけない

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

プロフィール画像を選ぶときにトリミングをする人は多いですが、その中に異性の影がある人がちらほらと見受けられます。

これから出会いを探そうと思っている場所で異性の影がちらついて見えるのはあまり良い印象は抱きませんよね。

一人で写っていたとしても明らかに異性と一緒にいる時に撮ったような、たとえば口紅のついたグラスなどがうつっているものも気を付けましょう。

 

②プリクラや加工アプリを使ってはいけない

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

第一印象は出来るだけ良いものにしたいという気持ちはもちろん誰にでもありますが、だからといって詐欺と言われてしまうような写真を使ってはいけません。

今のプリクラは自分で見てもびっくりするほど目が大きく写りますし、加工アプリも自分じゃないみたいに5倍増しくらいで撮ることができます。

しかし加工して撮ったものを載せていてもマッチングは成立したとしても会った時にガッカリされてしまう可能性が非常に高いです。

時間とお金の無駄になってしまうだけではなく、相手の方にガッカリされたときに傷つくのは自分なのでやめておきましょう。

 

③決め顔の自撮り写真を使ってはいけない

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

いくら顔に自信があったとしても、自分の一番良い角度を知っているような決め顔で自撮り写真を撮ってしまうとただのナルシストになってしまいます。

「こんなに自分に自信がある人ってめんどくさいな」と思われ、スルーの対象になってしまいますので必ずセルフタイマーなどを使って誰かに撮ってもらったような写真を使うようにしましょう。

家の中でスーツを着て写真を撮るのもあまり良い印象は持たれないです。

 

④ネガティブな事ばかり書いてはいけない

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

自己紹介にしてもつぶやき機能にしてもそうですが、ネガティブな事ばかり書いている人は、見た人の気持ちも暗くさせてしまうことがあります。

せっかく第一段階の顔写真をクリアしても暗い内容だと「会っても楽しくなさそう」と思われそのままスルーされてしまうので気を付けましょう。

たとえば、“今日は1時間しか寝てないからだるい”、“人と話すことが苦手です”、“あのお店思っていたより美味しくなかった”、こんなことを書いている人と話してみたいと思うでしょうか?

寝てないアピールをする人は良くいますが『これしか寝てない自分すごいでしょ』というめんどくさいアピールにしか思えませんし、話すことが苦手なら会っても楽しくないでしょうし、せっかく行ったお店の批判をするような人は器が小さいなと思われてしまうのです。

出来ることならポジティブな表現に変えて、「この人は楽しそうだから話してみたい!」と思われるようになりましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はPairs(ペアーズ)でいいねをもらう方法や、してはいけないことについてご紹介させていただきました。

楽しい恋活をするためにも出来ることは全て取り入れて周りに差をつけ、たくさんのいいね!をもらいましょう!

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

Pairs(ペアーズ)でいいねもらう方法としてはいけない事15選

 

引き続き、「ラブ恋まとめ」をお楽しみください!




他にこんな記事も読まれています

-Pairs(ペアーズ), 恋活

Copyright© ラブ恋まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.