年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

投稿日:

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

あなたは、今年下の彼女とお付き合いをしているでしょうか?

もし、年下の彼女と交際をしているのなら、その女性とずっとラブラブの状態でいたいと思っているかもしれません。

年下の彼女は、年上の彼女と比べ「かわいい」と思える部分がたくさんあるので、下手な失敗をして別れたくはないものです。

ですので、今回は、年下彼女の魅力とラブラブを保つ方法10についてご紹介していきます。

あなたが、年下の彼女とずっとラブラブ状態を続けることができるようこの記事を役立ててくださいね!

 

年下彼女が愛される魅力とは?

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

ここからは、年下彼女の魅力について、ご紹介していきます。

年下彼女の魅力を知ることで、より長い期間、年下の彼女とラブラブ状態を続けることが出来るようになるでしょう。

①年下彼女は若いくてかわいい

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女の魅力の1つ目は、若いことです。

やはり、年下の彼女の魅力は「若さ」でしょう。

ハリのある肌や艶のある髪、ハツラツとした明るい若さ。

このようなエネルギーに満ち溢れた女性と一緒にいると、男性まで元気になってしまうものです。

これは、年下彼女ならではの最大の魅力と言えるでしょう。

スポンサーリンク

②年下彼女は頼ってくれる

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女の魅力の2つ目は、頼ってくれることです。

年下の彼女は、年上の彼氏を頼りにしています。

自分よりも、人生経験や社会人経験が多い男性に対して尊敬の念を抱いているのです。

女性に尊敬されることは、男性にとって何よりもうれしいことです。

これは、年上の彼女と付き合っても味わえないことではないでしょうか。

③年下彼女は素直な子が多い

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女の魅力の3つ目は、素直なことです。

同年代や年上の彼女には無い魅力の1つ、それが素直さです。

若いがゆえに、余計な恋愛経験や社会人経験を積んでいないため、どんなことに対しても素直に受け入れてくれるのです。

自分が言ったことに対して、素直に受け入れてくれれば、誰しも嬉しくなるものです。

これは、年下らしいとても魅力的な要素の1つと言えるでしょう。

④年下彼女はパワーをくれる

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女の魅力の4つ目は、パワーをくれることです。

男女の年齢が離れていればいるほど、年下彼女の方が体力があります。

そして、精神的にも未来への希望に満ち溢れていることが多いため、前向きで明るいことが多いでしょう。

そのため、年下の彼女と一緒にいると年上の彼氏は、元気がもらえたりパワーがもらえたりするのです。

これも、年下の彼女ならではの魅力でしょう。

スポンサーリンク

⑤年下彼女は合わせてくれる

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女の魅力の5つ目は、合わせてくれることです。

同年代や年上の彼女に比べ、年下の彼女は、男性の意見に合わせてくれることが多いです。

「自分は年下だから、年上の人の言うことに従っておこう」と思う気持ちがあるのかもしれません。

自分の意見に反発されたり、いちいち文句を言われるよりも、合わせてくれる彼女の方が、男性は可愛いと思ってしまうものです。

このように、自分に合わせてくれる年下彼女に魅力を感じている男性は多いでしょう。

⑥年下彼女とは精神年齢が釣り合う

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女の魅力の6つ目は、精神年齢が釣り合うことです。

女性は、男性よりも精神年齢が上と言われています。

女性の方が現実的で、大人な面があるのです。

ですので、実年齢で男性が上であっても、精神年齢が丁度釣り合うことがあるのです。

精神年齢が釣り合えば、下手に喧嘩をすることもなく長く一緒にいることにも繋がります。

これも、年下彼女ならではの魅力の1つでしょう。

⑦年下彼女は純粋

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女の魅力の7つ目は、純粋なことです。

年齢が若いと、経験値が少ないため、下手に汚れていません。

汚れているとは、ひねくれたていたり、曲がった価値観を持っていないということです。

スポンサーリンク

純粋な女性は、とても素直で一緒にいて癒される存在となってくれます。

彼女と一緒にいて癒される。

これほど、男性にとって幸せなことはないでしょう。

⑧年下彼女は愛情表現が大胆

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女の魅力の8つ目は、愛情表現が大胆なことです。

年下の彼女は、年齢が若い分、上の年代よりも「恥ずかしい」という感覚があまりありません。

「好きなものは、好き!」「言葉にして、なにが恥ずかしいの?」と考えている場合も多いです。

ですので、彼氏に対しても「大好き!」「かっこいい!」「ずっと一緒にいたい!」など、愛情表現をストレートにしてくることが多いのです。

言葉に出して「大好き!」と言われて、嫌な気になる男性はいないでしょう。

これも、年下彼女ならではの魅力と言えるでしょう。

⑨年下彼女は無条件で守りたくなる

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女の魅力の9つ目は、無条件で守りたくなることです。

男性は、年下の女性というだけで、本能的に無条件で「守りたい」と思ってしまうものです。

これは、もはや男性の本能かもしれません。

やはり、年齢が若いと経験が少ないことから「自分よりも弱い存在」としてとらえ、男性の中に眠っている母性本能のようなものが呼び起こされるのかもしれません。

無条件で守りたくなる感情は、恋愛で悪い影響を与えることはないでしょう。

むしろ、良い影響の方が多いのではないでしょうか。

⑩年下彼女はフットワークが軽い

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女の魅力の10個目は、フットワークが軽いことです。

年齢が若いと、いろいろなところに行きたくなります。

たくさんの刺激を求めているのかもしれません。

そのため、年下の彼女は、同年代や年上の彼女に比べフットワークが軽いと言えるでしょう。

フットワークが軽い=いろいろな場所に2人で遊びに行くことができます。

2人の思い出をたくさん作ることもできるでしょう。

また、あなたがフットワークが重い方ならば、年下彼女に影響されてフットワークが軽くなるかもしれません。

 

年下の彼女とずっとラブラブ状態を保つ方法とは?

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

ここからは、年下彼女とラブラブ状態を保つ方法について、ご紹介していきます。

あなたが、使えそうなものをピックアップして試してみてくださいね!

 

①ジェネレーションギャップは楽しむようにしよう

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女と長続きする方法の1つ目は、ジェネレーションギャップを楽しむようにすることです。

年齢が離れていると、どうしても起こってしまうもの。

それが、ジェネレーションギャップです。

ジェネレーションギャップとは、世代(時代)による文化、価値観、思想などの相違のこと。

このジェネレーションギャップが起こると、会話が食い違ってしまったり、意見が合わなかったり、「価値観が違うけど、一緒にいて大丈夫かな?」と不安に思ってしまうこともあります。

特に、カラオケに一緒に行ったときなどは、彼女がまったく知らない曲ばかりを選曲すると、ジェネレーションギャップを感じてしまいやすいでしょう。

ですが、ジェネレーションギャップをマイナスにとる必要はありません。

せっかく、世代の違う女性と付き合うことができたのです。

「そんな考え方もあるんだ!」「こんな曲が今流行っているんだ!」と前向きに歩み寄ろうとする姿勢がとても大事です。

逆に、彼女の方も、あなた世代の考え方や流行りに興味があるかもしれません。

お互いに、歩み寄ることでジェネレーションギャップを楽しむことができるでしょう。

②子供扱いはやめよう

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女と長続きする方法の2つ目は、彼女を子供扱いすることをやめることです。

特に、年齢差があり、男性の年齢が上の場合、「そんなことも知らないの?」「まだ、若いから理解できないかもね」などのような言葉を言ってしまいがちです。

ですが、このようなことを言われると、女性側は嫌な気分になってしまいます。

これは、あなたが、あなたよりも年上の人に言われたら、同じ気分になることからも理解できるのではないでしょうか。

子供扱いすることと、甘えさせることは、全く違うことです。

子供扱いとは、あなたが相手を低く見ていると態度で示してしまうようなもの。

彼女にも、それなりの人生経験があり、あなたからは未熟に見えたとしても、それなりのプライドがあります。

そのプライドを傷つけるような行動や言動は、控えるようにしましょう。

彼女を一人の女性として、しっかりと扱ってあげるということですね。

③年齢はただの数字だと思おう

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女と長続きする方法の3つ目は、年齢はただの数字だと思うことです。

あなたは、自分の年齢に引け目を持っていないでしょうか?

「俺は、もう歳だから」「俺は、もうおじさんだから」こんな発言を彼女の前でしていないでしょうか?

また、デートのときに「疲れたよ」「もうおじさんだから体力がないんだよ」などと言っていないでしょうか?

このような言葉を連呼してしまうと、女性側は萎えてしまいます。

「同年代の男の子と一緒にいる方が、楽しいかもしれない…」と思われかねません。

確かに、いつまでも体力があり若々しくいることは、大変なことかもしれません。

ですが、自分から「もう、おじさんだから」と自分を低く見せる必要はないのです。

大事なことは、年齢を重ねていることをネガティブに捉えないこと。

そして、年齢に対してのネガティブな気持ちを口に出さないこと。

口に出してしまうと、相手も気を遣ってしまうものです。

「年齢は、ただの数字!」だと思うことで、たとえ体力などで若い男性に張り合うことはできなくても、気持ちの面でいつまでも若々しくいることができるでしょう。

④男性からも甘えるようにしよう

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女と長続きする方法の4つ目は、男性からも甘えるようにすることです。

男性の年齢が上の場合、どうしても変なプライドが邪魔をして、男性側から女性に甘えられないことがあります。

彼女の前では、頼りがいのある隙のない自分を保っていたいと感じている男性も多いでしょう。

ですが、たまには、あなたの弱さや隙を彼女の前で見せても良いのです。

その方が、彼女もあなたに母性を感じ、「助けてあげたい」「力になってあげたい」と思うものです。

人は、より身近に感じられる人と一緒にいる方が、癒しを感じ、落ち着けるものです。

その逆に、完璧すぎる人と一緒にいると疲れてしまうものです。

ですので、たとえ年齢が上であっても、たまにはあなたの弱みを見せながら、彼女に甘えることもやってみましょう。

それが、結果的に長続きする秘訣になってくるのです。

⑤彼女が相談してきたときは大人の包容力を出そう

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女と長続きする方法の5つ目は、彼女が相談してきたときは大人の包容力を出すことです。

彼女が、何か仕事で嫌なことがあったり、困ったことがあったときは、つい自分よりも経験のあるあなたに相談したくなるものです。

そんなときは、真剣に相談にのってあげましょう。

そして、相談にのってあげるときは、大人の包容力を出すようにしましょう。

大人の包容力とは、彼女の話をしているときは、話の腰を折らずに最後まで聞いてあげること。

そして、求められたときだけアドバイスをしてあげることです。

基本的に、女性は「話すだけでスッキリする生き物」です。

ですので、悩んでるときは、誰かに話を聞いて同調してほしいことがほとんどです。

男性は、つい具体的なアドバイスや解決策を言ってしまいがちですが、そこは大人の包容力を見せて、彼女が求めていることをやってあげましょう。

そうすることで、「さすが!年上の男性は違うな」と思われることができます。

⑥結婚についてじっくり話し合おう

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女と長続きする方法の6つ目は、結婚についてじっくり話し合うことです。

年齢が離れていればいるほど、結婚に対する価値観は全く変わってきます。

あなたが、30代や40代以上ならば「結婚」という2文字を意識しているかもしれませんが、彼女が20代の場合、まだまだ結婚など考えていないかもしれません。

ですので、「彼女は、まだ若いし。結婚のことを話すのは少し負担かな?」というような思いやりをもってあげることがベストです。

とは言っても、彼女の方が結婚を求めていることがあります。

だからこそ、結婚については、1度2人でじっくり話し合う時間をとることがベストなのです。

最近のカップルは、相手に遠慮し過ぎて思ったことや考えていることを口にしないケースがとても多いです。

これでは、意思の疎通ができず、すれ違ってしまい、別れの原因にもなりかねません。

時期を見て、もし彼女が結婚に前向きだな感じることがあるのなら、1度2人で結婚についてどう考えているのかを話し合ってみましょう。

⑦愛情表現をストレートにしよう

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女と長続きする方法の7つ目は、愛情表現をストレートにすることです。

女性は、男性と違い、愛情表現を多く求める生き物です。

「口に出して言われないと分からない」こんな言葉があるくらいですから。

女性は、口に出して愛情表現をしてもらえないと不安になる生き物なのです。

ですが、年代が上になればなるほど「言わなくても気持ちは伝わっているだろう」と考える男性は多いです。

この考え方の違いが、2人の気持ちにすれ違いを起こしてしまうのです。

少し恥ずかしいかもしれませんが、「好きだよ」「大事に思ってるよ」「これからも一緒にいようね」など、ストレートな愛情表現を心がけるようにしましょう。

この愛情表現は、毎日言う必要はありません。

何かの記念日やイベントのとき、また彼女が落ち込んでいるときなど、言いやすい場面に出くわしたのなら、勇気を出してストレートに愛情を彼女に伝えてあげてください。

そうすることで、彼女はよりあなたの愛情を感じ、あなたともっと一緒にいたいと感じるようになるでしょう。

⑧多少のわがままは許しあげよう

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女と長続きする方法の8つ目は、多少のわがままは許しあげることです。

年齢が低いほど、まだまだ経験値が低いため、どうしてもわがままを言ってしまうときがあります。

これは、彼女の人生経験がまだ浅いことからくることですので仕方のないことなのかもしれません。

ですので、多少のわがままは許してあげる大人の余裕が必要になってきます。

もちろん、すべてのわがままを受け入れていては、彼女は人間として未熟に育ってしまいますので、多少のわがままだけを受け入れてあげることがベストです。

できるだけ広い心で彼女を見てあげ、彼女を手の平で遊ばせてあげるような感覚を持つと良いかもしれません。

⑨時には彼女を厳しく叱ろう

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女と長続きする方法の9つ目は、時には彼女を厳しく叱ることです。

年下の彼女の場合、つい甘やかしてしまうことが多くあるかもしれません。

ですが、毎回わがままを受け入れていると、それが慢性化し、とてもわがままな女性になってしまいます。

そうなってしまっては、あなたも困りますし、彼女自身も他人からよく思われない事態になってしまいます。

ですので、彼女のこれからの人生を考えたとき、「これは、言っておいた方が彼女のためになる!」ということがあるのなら、そこは心を鬼にして厳しく叱ってあげましょう。

厳しく叱るときは、しっかりと「なぜ、このようなことを言うのか?」の理由を説明してあげましょう。

「今から少し厳しいことを言うけど、これは、俺と〇〇(彼女の名前)が、これから上手くやっていきたいから言うことだからね」。

このような前置きを入れて彼女を叱ることで、彼女もあなたの優しさのある厳しさを受け入れてくれるでしょう。

⑩若い男性を自分を比べないようにしよう

年下彼女の魅力とは?年下の彼女とラブラブを保つ方法10選

年下彼女と長続きする方法の10個目は、若い男性を自分を比べないようにすることです。

年下彼女との付き合いが長くなってくると、どうしても彼女の周りの若い男性と自分を比べてしまいます。

「若い男性は、体力があって流行にも敏感で、俺は負けてるな…」と引け目を感じてしまうこともあるかもしれません。

このようなときは、比べること自体が間違っていることに早く気づくようにしましょう。

若い男性には、若い男性の良いところと悪いところがあります。

同じように、年齢が上の男性にも、良いところと悪いところがあります。

どちらも、同じなのです。

それを比べて、引け目を感じていては、自分の価値を自分で下げてしまうことになってしまいます。

年下の彼女は、年上のあなたにしかない魅力を感じ、付き合っているのです。

そのことに、もっと自信を持つようにしましょう。

そして、自分の魅力で勝負をするようにしましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

年下の彼女とずっとラブラブ状態を保つ方法や、年下彼女の魅力について話してきました。

注意ポイントを守っていれば、年齢差があるカップルも十分に長続きすることができます。

そして、年齢差があるカップルだからこそ、感じられる幸せもたくさんあることでしょう。

今回話した注意ポイントを意識しながら、末永く彼女と幸せな時間を過ごしてくださいね!

引き続き、「ラブ恋まとめ」をお楽しみください!




他にこんな記事も読まれています

-カップル

Copyright© ラブ恋まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.