彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

投稿日:

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

あなたの彼女は、最近妊娠したでしょうか?

または、妊娠の兆候があるでしょうか?

もし、今付き合っている彼女が妊娠したのなら、突然のことにあなたは驚いてしまうかもしれません。

また、心の準備ができていなかったため、焦ってしまったかもしれません。

ですが、彼女が妊娠したときは、男性のあなたがやるべき行動があります。

この行動しなければ、彼女が1人で妊娠という重い重圧を背負うことになります。

もし、あなたが彼女の助けに少しでもなりたいのであれば、このページで話す彼女が妊娠したときに男性がやるべき16個の行動をしっかり読んでおいてください。

これを読むことで、今あなたが何をするべきかが具体的に見えてくるでしょう。

 

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16個とは?

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

ここでは、彼女が妊娠したときに男性がやるべき行動を10個お話していきます。

これを読むことで、彼女が妊娠したときに、彼女を支えることができる行動を知ることができるでしょう。

1.産婦人科に行き、女性の健康状態を確認しよう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

産婦人科に行き、女性の健康状態を確認しましょう。

どんなことよりも、まず彼女の健康状態を確認する必要があります。

スポンサーリンク

そのために、産婦人科に行きましょう。

産婦人科に行き、母体である彼女の健康状態をしっかり医師に診断してもらいましょう。

これをすることで、女性はとても安心することができます。

2.産婦人科に行き、胎児の健康状態を確認しよう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

産婦人科に行き、胎児の健康状態も確認してもらいましょう。

これも、どんなことよりも、まず先にやるべきことです。

彼女の健康状態を確認すると同時に、胎児の健康状態も一緒に確認してもらいましょう。

たとえ、妊娠初期の状態であったとしても、この健康状態の診断を軽く見てはいけません。

妊娠初期だからこそ、しっかりと彼女の母体と胎児の健康状態を診断してもらうのです。

そうすることで、今後健康な赤ちゃんを産むことができるようになるでしょう。

3.出産予定日を聞いておこう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

出産予定日を聞いておきましょう。

産婦人科に行ったときは、女性と胎児の健康状態を確認するとともに、出産予定日も聞いておきましょう。

出産予定日を聞くことで、今後の様々な予定を立てやすくなります。

4.最初は、産婦人科に付き添ってあげよう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

最初は、産婦人科に付き添ってあげましょう。

産婦人科と言うと、男性は入りにくい印象がありますが、決してそんな事はありません。

女性に付き添って産婦人科を訪れる男性はたくさんいます。

スポンサーリンク

また、あなたが一緒に付き添ってあげることで、彼女はとても安心することができるでしょう。

いくら女性と言えど、産婦人科に1人で行く事はとても不安なことなのです。

彼女の不安な感情を少しでも和らげてあげましょう。

5.念のため、中絶可能な時期を聞いておこう(中絶を考えている場合)

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

念のため、中絶可能な時期を聞いておきましょう。

これは、あなたと彼女が中絶を考えている場合のみ聞いておきましょう。

妊娠が発覚した場合、ほとんどのカップルは結婚に踏み切りますが、金銭的な理由やその他諸々の理由で中絶をしなければならない状態のカップルもいるでしょう。

そんなときは、中絶が可能な時期を産婦人科の医師に確認しておきましょう。

これを聞いておくことによって、あなたと彼女が、子供産むかどうかの決断をするリミットの日を知ることができます。

6.子供を産むかどうかを2人で話し合おう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

子供を産むかどうかを2人でしっかり話し合いましょう

彼女と胎児の健康状態をしっかり確認したあとに、子供産むかどうかを二人で話し合いましょう。

様々な理由から、中絶を考えるカップルもいれば、結婚に踏み切るカップルもいるでしょう。

あなたの場合は、どのような決断をするでしょうか?

子供産むことは、あなたひとりで決められることではありません。

あなたと彼女。

そして、あなたの家族や彼女の家族も巻き込むことなのです。

スポンサーリンク

また、家族だけにとどまらず仕事先の人間関係にも関わってくることでしょう。

あなたの人生を大きく左右する決断です。

ですので、しっかりと自分がどうしたいかを考え、自分の将来を見据え、そして、何よりも彼女がどうしたいかをじっくり聞き、子供を産むかどうかを2人で話し合いましょう。

7.結婚について2人で話し合おう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

結婚について2人で話し合いましょう

もし、子供産むと決断した場合は、結婚に踏み切ることになります。

その場合は、2人で結婚についてしっかりと話をしておきましょう。

結婚となると、2人で済む話ではありません。

あなたの両親、彼女の両親、両家の家族、あなたの仕事先の人間関係、彼女の仕事先の人間関係、そして彼女とあなたの友人たち、さまざまな人たちが、あなたの結婚に関わってきます。

そのため、いつ頃結婚するのか、結婚式は挙げるのか、このような具体的なことから、どんな家族を築きたいか、どんなお母さんになりたいか、どんなお父さんになりたいか、このような目指す理想の家族像をしっかり2人で話し合っておきましょう。

そうすることで、とても前向きな気持ちで結婚に進んでいくことができるでしょう。

8.結婚後の2人の生活について話し合おう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

結婚後の2人の生活についても話し合っておきましょう

たとえば、どこに住むのか、家賃はどうするのか、家計は誰が切り盛りするのか、新しい家は仕事場から近い方が良いのか、いつ引っ越すのか、子供にはどんな名前をつけようかなどなど。

結婚後の2人の生活について話し合う項目は、とてもたくさんあります。

それを前向きな気持ちでしっかり話し合っておきましょう。

このような話は、未来の話になりますので、とてもワクワクするのではないでしょうか?

2人で幸せな家庭を築くために、話し難いことも普段話さないようなことも、この機会に意見を出し合っておきましょう。

9.すぐに必要な経費を見積もろう(出産費用など)

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

すぐに必要な経費を見積もりましょう

これは、出産費用や結婚費用等のことです。

子供産むと言っても、無料で済むことはできません。

当然、出産費用がかかってきます。

それをどちらが負担するのか?

それとも、2人で出し合うのか?

また、結婚式での費用はどれぐらいかかるのか?

すぐに必要な経費は、いろいろあります。

このような現実的な話も彼女の健康状態が落ち着いているのであれば、早めに話しておきましょう。

また、彼女と話す前に、ノープランで話し始めるのではなく、ある程度あなたのプランを作ってから彼女に提案してみると良いでしょう。

10.今後必要になる経費を知っておこう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

今後必要になる経費を知っておきましょう

たとえば、引越しの費用、家を購入するのであればその費用、2人で住むための生活費、光熱費や電話代や食費、子供が生まれたあとの出費などなど。

結婚生活には、たくさんのお金が必要となります。

当然ですね。

生活の全ての費用が結婚生活の費用となるわけですから。

これは、細かく見積もる必要はありませんが、大まかにこれぐらいは必要だろうという予測の金額を男性のあなたがあらかじめ知っておきましょう。

また、この費用については、すぐに女性に知らせる必要は無いかもしれません。

折を見て、女性と話し合いましょう。

11.今後に備え、貯蓄を始めよう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

今後に備え、貯蓄を始めましょう。

先ほど、今後必要になる費用をざっくりと予測を立てました。

その金額は、ある程度まとまった金額だったと思います。

ですので、すぐに用意できる男性は少ないでしょう。

そのため、今後に備え今から貯蓄を始めておきましょう。

少ない貯蓄でも構いません。

少しでも準備をしておくことが大事なのです。

12.結婚指輪を用意しよう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

結婚指輪を用意しましょう。

出来ちゃった結婚の場合、勢いに任せて結婚してしまいますので、とりあえず用意した指輪を渡すことが多いでしょう。

ですが、女性にとって結婚指輪をもらうことは、幼い頃から夢見てきたとても大事な瞬間です。

できるのであれば彼女が喜ぶような結婚指輪を用意してあげましょう。

13.彼女にプロポーズしよう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

彼女にプロポーズしましょう。

できちゃった結婚の場合、惰性で結婚をすることが多いため、ちゃんとしたプロポーズをしないケースがとても多いです。

ですが、女性の本心は、しっかりと男性にプロポーズをして欲しいのです。

女性は、男性にプロポーズされる瞬間を幼い頃から夢見てきました。

とてもロマンチックな場所で、プロポーズされることを夢見ていた女性もいるでしょう。

妊娠が突然の場合、十分な準備ができないかもしれませんが、できる範囲で彼女を喜ばせてあげるようなプロポーズプランを考えてあげてください。

プロポーズをすることで、お互いに「結婚するんだ」という意識が芽生え、とても前向きな気持ちで結婚に向かっていくことができるでしょう。

14.自分の両親や家族に報告に行こう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

自分の両親や家族に結婚を報告しましょう。

これは、必ずやるべき行動です。

まずは、電話で軽く報告し、詳しい話を実家に戻り話しても良いでしょう。

また、実家に行く場合は、彼女を連れて行き、結婚の報告と同時に彼女を紹介しても良いでしょう。

結婚の報告をするときは、妊娠の報告をする時でもあります。

両親は、出来ちゃった結婚に驚くかもしれませんが、自分たちの真剣な思いをしっかりと伝え理解してもらいましょう。

15.彼女の両親や家族に挨拶に行こう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

彼女の両親や家族に挨拶に行きましょう

自分の両親への報告が終わったら、彼女の両親や家族に挨拶にいきましょう。

挨拶に行くときは、しっかりと正装し清潔感のある格好で行くことが望ましいです。

彼女の親からすると、大事な娘を結婚前に孕ませた男性があなたです。

最初は快く受け入れられないかもしれません。

それでも、諦めてはいけません。

真摯な態度で、彼女を幸せにする気持ちがあることを伝え、2人の結婚を理解してもらいましょう。

16.常に彼女の健康状態を気遣ってあげよう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

常に彼女の健康状態を気遣ってあげましょう。

妊娠直後、産婦人科に行き健康状態を確認したとは言え、彼女の出産はまだ済んでいません。

妊婦は、精神的にも肉体的にも不安定になることが多いですので、様々な面で彼女を気遣ってあげましょう。

重い荷物は持たせない、長時間立たせない、彼女が不安なときは話を聞いてあげるなどなど。

精神的な面から肉体的な面まで、あなたがしっかりとフォローをしてあげましょう。

彼女のお腹から生まれてくる子供は、あなたの子供なのですから。

あなたが父親なのですから。

 

今は産めない!みんなの中絶体験談を参考にしよう

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

ここでは、みんなの中絶体験についてご紹介していきます。

これを読むことで、中絶経験者のリアルな声を知ることができます。

1.【女性の中絶体験】中絶は体と心に傷を負うこと

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

「私は中絶が絶対間違ってるとは思いません。

人それぞれの考え、事情があると思います。

産めない命を作ってしまったことに関しては一生背負っていかなければいけない罪だと思います。

私は現在28歳でもうすぐ一歳になる娘がいます。

中絶をしたのは25歳の時に今の旦那との子どもでした。

結婚することも決まっていて両親の顔合わせも終わり、結婚式の日にちも決まった時に妊娠が発覚しました。

子どもは欲しかったけれどその時は嬉しさよりもどうしよう、夢だったらいいのにと思ってしまいました。

旦那の給料だけでは生活は厳しく、しばらく共働きでお金を貯めてから子どもを作ろうと考えていました。

その時は経済的にも育てられるか不安だったのと、結婚式前という思いから2人だけの秘密で中絶をしました。

旦那は産んで欲しかったようでしたが私がどうしてもまだ子どもは欲しくないという勝手な思いから中絶にいたりました。

朝から点滴を受けました。お昼頃から手術が開始されました。全身麻酔を点滴で打つと一瞬で意識を失いました。

その間にお腹の中からかきだす手術です。

目が覚めた頃にはすべてはもう終わっていました。

目は覚めたものの全身麻酔の影響で目はぐるぐる回り、上を向いているのか下を向いているのかどっちを向いているのか方向感覚がおかしくなまっていました。

そしてすごい吐き気です。

手術終了後1時間ぐらいはひたすら気分が悪くて嘔吐しました。

やっと落ち着いてきたかなという時には医者の問診があり終了後すぐに帰宅となりました。

1人で帰れるかなというほど精神的にも肉体的にもふらふらでした。

その日からしばらくはずっと止血剤など大量の薬を飲まないといけませんでした。

それぞれの事情があり中絶はやむを得ないこともあるかもしれません。

私は本当に自分勝手な理由で子どもをおろしてしまいました。

その後、私は結婚ししばらく働きお金にも余裕が出てきたころ妊娠し子どもを産むことができました。

中絶をしたら子どもができなくなったなどの情報もネットで流れていて本当に不安もいっぱいでした。

今でも中絶の判断が正しかったのか間違っていたのかはわかりません。

ただ子どもを産んだ時涙がたくさん溢れてきたのを覚えています。

もし産んであげていたらどんな顔だったのかな、どんな泣き声だったのかな、性別はどっちだったのかな、産んであげれなくてごめんねと何度も心の中で思いました。

子どもを産んで初めて気付きました。

1つ言えるのはもう2度と中絶はしたくないです。

産んであげられない命は作らないというのは大前提ですがもしできてしまったとしたら旦那に反対されても絶対産もうと思います。

思い出した時涙が出そうになるのは心に深い傷をおっているからだと思います。」

出典:中絶.com

2.【男性の中絶体験】彼女を中絶させた経験

彼女が妊娠した時に男性がやるべき行動16選!壮絶な中絶体験談とは?

「私は当時付き合っていた彼女に中絶をさせた経験があります。

その時の経緯だったり今思うことなどについて書いていこうと思います。

今だからこそあの時中絶をして良かったのかなと思っている自分がいます。

もちろん中絶を選んだ当初はとてもショックでした。

自分自身の不甲斐なさにより失った命でした。

私がまだ高校を卒業したばかりの頃の話です。

丁度19歳位でした。

当時高校時代から付き合っていた彼女がいまいた。

私自身当時は結婚も考えていた位好きな女性でした。

付き合ってだいたい4年位の話です。その時気持ちが離れかけているのを知りました。

喧嘩も多くなり一緒にる時間も段々少なくなっていました。

そんな時彼女が浮気してるのを知りました。

それを切っ掛けに別れる事になりました。

私はまだ気持ちがあり、次の恋愛を出来ない状態でした。

そんなある日の出来事でした。

別れて1か月くらいした時別れたはずの彼女が私の家に飛び込んできました。

何かと思い戸惑いましたが、話を聞いてみると妊娠をしてました。

それももう妊娠8ヶ月でした。

私は自分の子かどうかもわからない不安もある状態でした。

ちょうどそれくらい前から浮気していた相手とも関係を持っていたからです。

ですがとても好きでしたので私は産む事に賛成しました。

彼女自身も産みたいと強く願っていました。

ですが私はその時アルバイトの身でした。もちろんこれを切っ掛けに就職活動をしました。

いざ両親へと挨拶に行くとき彼女のお父さんがとても厳格な方でした。

子供を産む前に結婚が先だと、生活してくお金はあるかと、私は自信を持って答える事が出来ませんでした。

これで許しをもらえず中絶する事になりました。

もうすでに9か月たっていて子供が大きくなっていたので体内で殺して取り出す方法を聞きました。

なんの罪も無い子供をおろす事がとてもショックで耐えられない悲しみでした。

当日も中絶が終わるまで隣の部屋で待機をしました。

戻ってきた彼女を迎えて一緒に泣いたことを覚えています。

この時中絶に掛かった費用はだいたい10万円位かかりました。

お金も当時持っていなかったので親に借りました。

その後は1年位付き合いましたが、結局浮気していた男のとこに行き別れる事になりました。

色々な思いが連なって自信が持てなかったっていうのはありました。

もし現在の私でしたら、反対されても何度も家に出向き頭を下げてでも産む考えです。

ただ現在は別の女性と出会えて幸せな家庭を送っています。

あの時産んでいれば今の奥さんと出会う事もありませんでした。

しかし今妊娠してお子さんがいる方、中絶をしようか悩まれてる方、お子さんには何の罪もありません。

金銭面でも心配してる方多いかもしれませんが、お子さんのためだと思えばどうにでもなるものです。

私はどんな状態でも産む事に賛成します。」

出典:中絶.com

 

まとめ

いかがでしたか?

彼女が妊娠したときに男性がやるべき行動中絶体験談についてご紹介してきました。

彼女が妊娠をしたとき、産むかどうかは様々なケースがありますので一概には言えません。

どんな選択をしても、誰もあなたを責めることはできません。

あなたが選んだ選択を信じて、前向きに進んでいってくださいね。

引き続き、「ラブ恋まとめ」をお楽しみください!




他にこんな記事も読まれています

-カップル

Copyright© ラブ恋まとめ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.